開業支援サービスとは

開業支援サービスとは、初期費用0円で自分のお店が持てる独立支援サービスです!



一人で独立するの「不安」じゃないですか?

■ ネイルサロンを開業したいけど、なかなかお金が貯まらない・・・

■ ネイリストとして独立したいけど、何から準備したらいいか分からない・・・

■ 子育てや家事があるから、遅くまで勤務するのが難しい・・・

こんなお悩みありませんか?


当社では、『ノウハウ』や『お金』も含めて、独立を希望しているネイリストさんやアイリストさんが、安心して開業するためのサポートをしています!!

コンセプトは「リスクなく安心して独立できる環境つくり」です。


通常、ネイルサロンを開業するには、自宅を利用する場合にも50万~100万円程度、専用サロンの場合500万円以上必要なこともあります。また通信費や水道光熱費、広告費などの毎月の経費もかかってきます。

売り上げが上がらなければ、赤字のリスクが伴います。


Nail At My Salonならば『0円で独立でき、サポートも無料』だから、ノーリスクです。

また、弊社は既に多数のネイリストの独立に関わっており、運営ノウハウ、集客ノウハウなども豊富にあります。



頑張った分だけしっかり稼げる!

月の売り上げの60%~80%が収入になります。

〇ネイル売上に応じた、高率歩合あり(60%〜)

〇広告掲載中は、なんと歩合80%還元!!

毎月コンスタントに30万円以上の収入を稼がれているネイリスト・アイリストさんがたくさんいらっしゃいます。



美容院だから安心・きれい

美容院は駅近が多く立地もいいことから、お客様にとっても利便性がよく、来店しやすいというメリットもあります。

また、お客様は定期的に美容院にいらっしゃるので、リピーターになりやすいのも魅力です。

美容院という「美」を提供する空間ですので、きれいな空間でのネイル施術が可能です。

客層が非常に良く、本物の技術と接客が要求されます!(好立地、高単価)



勤務体系は自分の都合に合わせて設定可能

時間や勤務日はもちろん自分の都合に合わせて設定できます。

だから、お子さんがいる方も家庭のことを考えた勤務設定が可能です。

実際に、ネイルアットマイサロンを利用いただいているネイリストさんの約半数がお子様がいらっしゃる主婦の方です。



集客の心配なし

ウェブ、チラシを使った広告戦略をアドバイスします。(ホットペッパー、リスティング、HP、チラシ、看板)

人気のサロンを選んでいますので、美容室側からの集客も多く見込めます!

電話対応は美容室さんと一緒なので安心。(予約等の電話対応のために施術を中断する必要がありません)

集客・運営・最新技術情報等のサポートはすべてお任せ下さい!



チームサロンと個人サロンの良いとこどり!

チームサロンと個人サロンはそれぞれメリット・デメリットがありますね。

まず、チームサロンのメリットは、仲間と一緒に協力できる。サポートしてもらえる。最新技術の勉強会がある、などが挙げられます。

その一方で、人間関係の悩みや、メニューやデザインはお店が決めることが多く、自分の好きなお店作りはなかなか難しい傾向にあります。お店に大きな経費も掛かるため、給与面で不満の声も多く聞こえてきます。

個人サロンのメリットは、なんといっても自分の好きなお店をつくれることです。メニューからデザイン、お店の雰囲気まで自分の好きなようにつくっていけます。

デメリットは、サポートしてくれる仲間がいないので、病気など自分に何かあったときにとても不安。最新技術の習得や新情報は、自分で取りに行かなくては入ってこないので、日々に追われてなかなか最新技術の修得が難しい。などが挙げられるのではないでしょうか。


そんなチームサロンと個人サロンの良いとこどりの働き方が、Nail At My Salonのプチ独立の働き方です!

〇メニューやデザインなどは自分の好きなように設定できる

〇人間関係の悩みがない

〇収入は頑張った分だけ

〇最新技術の修得ができる(当社で最新技術の勉強会を定期的に実施しています。)

〇急な病気になってしまった際は、本部ネイリストが臨時対応(直営サロンのスタッフがフォローします。)

この、チームサロン・個人サロンの良いとこどりの働き方が、安心して長く働ける要因となります。



マンション開業のデメリット

一方、自宅マンションで開業をする方も多いですが、多くの方が失敗しています。

それは、新規集客が難しいことが一番に考えられます。

既存のお客様は、毎月約10%ずつ自然失客していきます。その分新規のお客様を流入しなくては繁栄していきません。

自宅兼マンションなどで開業する場合、住所の公表などが難しく広告をかけられないという理由から、

どうしても既存のお客様に頼りがちになります。

新規のお客様をどう確保していくかがキーとなりますが、なかなかそう簡単ではありません。

どうしてもマンションで開業をしたい場合は、商業可能なマンションを利用するなど工夫が必要になります。